自宅への郵送物を避けるには

主婦が家族にキャッシング利用を秘密にするにはいろいろと対策が必要です。申込時以外にも家族に利用がわかってしまう可能性があり、契約後の利用時にも気をつけなければいけません。

最近はキャッシング利用者の自宅に宣伝のパンフレットを送りつけるような会社はなくなりました。利用者のプライバシーに配慮する風潮が強くなってきたからです。それでも自宅に送りつけられる可能性がある印刷物があります。それは領収書や利用明細です。キャッシング会社はこれらをなんらかの形で利用者にきちんと提示する義務があります。web明細の手続きを行わなかった場合などには、出金や返済のたびにこれらの書類が自宅へ送られてしまいます。注意しましょう。

利用するATMの種類にも注意が必要です。古い型のATMは書類の項目をすべて印刷できない機種があります。こうしたATMを使って入出金をしたとき、領収書および利用明細は自宅郵送になります。ATMの対応状況については公式サイトに説明があるので、こちらを調べてみてください。