総量規制対象外とは?

キャッシング審査を真剣に考える
http://www.kofc7041.org/

キャッシングやカードローンを使用する際、目にする事もある総量規制対象外と言う言葉。言葉だけでは、何の意味なのかわからない言葉になっていますよね。実際、総量規制対象外の総量規制とは、年収により借り入れする事ができるお金の額が決められているという事。年収の3分の1を超える貸付は法律で禁止されているという事なのです。その為、総量規制が適応される消費金融などの場合、年収の3分の1までの額しか申し込みをする事ができず、その為、自分自身での収入が一切ない専業主婦などの人は、1円もお金を借りる事ができなくなっているのです。

この法律は貸金業法になっており、消費者金融会社、キャッシングのみの信販会社。また、同じくキャッシングのみのクレジット会社の貸金業者のみ適応される法律になっています。

その為、これらのような貸金業者以外の金融業者においては、総量規制が適応されない為、総量規制対象外と書かれた文字などを目にする事があるのです。そんな、総量規制対象外の金融業者は、主に銀行系カードローン、労働金庫のカードローン、信用金庫のカードローンなどになってきます。これらのカードローンにおいては、総量規制が適応されない為、年収に応じての貸付金額は設定されることがありません。その為、自分自身に収入のない専業主婦でも、返済能力が認められれば、借り入れを行う事が可能になっています。

その他、便利なのが総量規制対象外の銀行カードローンなら収入証明書不要なところ。面倒な書類の手配を省く事ができ、本人確認書類のみで審査の申し込みを行う事も可能になってきます。そうする事で、申し込みから契約までスムーズに行う事ができ、結果、早く融資を受ける事にもつながってきます。その際は、限度額など金融業者によって細かく設定されている為、確認する事が大切になってきます。

これらのように、総量規制とは、一般的に消費金融などに適応されている法律で、銀行系カードローンの場合は適応外になる為、総量規制対象外という事が明記されている事が多いのです。