キャッシングの限度額は、賃金と信用周辺で決まります

キャッシングでは、一般的には報酬の3分の1が限度額とされています。報酬が600万円の自分なら200万円、100万円の自分なら約33万円が、借り入れできる限度額となっているのです。
こういう報酬の3分の1という点数は、総量規定という規律で決められていることです。何で報酬の3分の1なのかというと、そのくらいのお金なら無理なく計画的に返済することが可能と考えられているからだ。

しかし、キャッシングの初めから急きょ報酬の3分の1を借り入れできるというわけではありません。キャッシングを利用し始めた段階では、いまだに金融機関からの頼りレベルがさほど安い状態です。金融機関は頼りレベルの少ない自分には、急遽上限金額での月賦をおこないません。

まずは少額の月賦をおこない、その費消足取りなどを見ながら、信用できる自分かどうかを確認するのです。
金融機関からの頼りレベルは、何度か負債をおこない、そのつど問題なく費消していると、もうすぐ高くなっていきます。そちらにつれて、限度額の増額がおこなわれます。つまり、よりの小遣いを借り入れできるようになっていくのです。そして最終的に行き着くのが、報酬の3分の1のお金というわけです。