キャッシングに申し込む際に注意したい点

アルバイトやパートで働いている方でどうしてもお金が必要になったら消費者金融のキャッシングに申し込んでみることをおおすめしたいと思います。

アルバイトやパート勤めでは銀行からお金を借りることは大変難しいのですが、消費者金融のキャッシングであればお金を借りられる可能性はかなり高くなります。消費者金融では安定した収入さえあればアルバイトやパート勤めの方でもキャッシングの利用が可能だからです。しかし、安定した収入があるからと言って誰でもキャッシングの利用が可能という訳ではありません。

審査の段階で落とされてしまう場合もあります。どんな方が審査に落ちてしまうのかと言いますと、まず過去にお金のことでトラブルを起こした方です。クレジットカードの支払いを滞納したことがあるとか、何回も遅滞したことがある方は審査に通るのは難しいと思います。また既に幾つもの消費者金融のキャッシングを利用している方も審査で落とされてしまう可能性が高くなるようです。そのような情報は信用情報期間で共有されているので、申し込みの際でウソを書いたとしても消費者金融は審査でそれがウソであることをすぐに見破ってしまうのです。

キャッシングの審査に落ちてしまうケースとしてはこれら以外にもあります。申し込みで雇用形態や勤めている会社名を偽ることなども在籍確認の段階ですぐに判ってしまうので絶対にしてはいけないことです。希望借入額も最初から高額にすると審査に通るのが難しくなるようです。消費者金融のキャッシングに申し込む際にはこのようなて点を頭に入れておくのが良いと思います。

銀行ローンの特徴について

キャッシングやカードローンを借りる際にはやはり出来れば金利が少ないところを選びたいと思いますよね。そんな人向けなのがいわゆる銀行ローンという存在ですが、借りる際にいくつか知っておきたい特徴がありますので、今回はそれを説明していきたいと思います。

銀行ローンには厳密に区別すると銀行を中心とした金融グループの傘下にある消費者金融と、銀行が直接取り扱っているローンに区別されます。前者で有名なのは三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下のアコムや、SMBCコンシューマーファイナンスが提供しているプロミスなどがあります。

この銀行系の消費者金融は金利の面ではさほど変わりはないのですが、メガバンクが提供しているということで圧倒的な信頼性があるのが特徴だと思います。さて肝心の銀行ローンに関してですが、やはり最大の特徴といえば金利が消費者金融系と比べてお得になるという点だと思います。

金利は大体が4.0%から14.0%あたりで消費者金融系の最大利息が18.0%程度ということを考えると、やはり沢山の借り入れを検討している方には銀行ローンをお勧めします。審査については長くかかるイメージがありますが、最近の傾向だと当日審査が可能なところやWEB申し込みで素早い申し込みが完了する銀行もあるのでかなり便利になりました。返済に関しては銀行や提携ATMで可能な他に、各社銀行の窓口での引き落としサービスも充実しているのでこれも便利なサービスです。このように借り入れを多く考えていて、金利を幾らかでも安く抑えたいのならば銀行ローンが是非お勧めです。