総量規制対象外とは?

キャッシング審査を真剣に考える
http://www.kofc7041.org/

キャッシングやカードローンを使用する際、目にする事もある総量規制対象外と言う言葉。言葉だけでは、何の意味なのかわからない言葉になっていますよね。実際、総量規制対象外の総量規制とは、年収により借り入れする事ができるお金の額が決められているという事。年収の3分の1を超える貸付は法律で禁止されているという事なのです。その為、総量規制が適応される消費金融などの場合、年収の3分の1までの額しか申し込みをする事ができず、その為、自分自身での収入が一切ない専業主婦などの人は、1円もお金を借りる事ができなくなっているのです。

この法律は貸金業法になっており、消費者金融会社、キャッシングのみの信販会社。また、同じくキャッシングのみのクレジット会社の貸金業者のみ適応される法律になっています。

その為、これらのような貸金業者以外の金融業者においては、総量規制が適応されない為、総量規制対象外と書かれた文字などを目にする事があるのです。そんな、総量規制対象外の金融業者は、主に銀行系カードローン、労働金庫のカードローン、信用金庫のカードローンなどになってきます。これらのカードローンにおいては、総量規制が適応されない為、年収に応じての貸付金額は設定されることがありません。その為、自分自身に収入のない専業主婦でも、返済能力が認められれば、借り入れを行う事が可能になっています。

その他、便利なのが総量規制対象外の銀行カードローンなら収入証明書不要なところ。面倒な書類の手配を省く事ができ、本人確認書類のみで審査の申し込みを行う事も可能になってきます。そうする事で、申し込みから契約までスムーズに行う事ができ、結果、早く融資を受ける事にもつながってきます。その際は、限度額など金融業者によって細かく設定されている為、確認する事が大切になってきます。

これらのように、総量規制とは、一般的に消費金融などに適応されている法律で、銀行系カードローンの場合は適応外になる為、総量規制対象外という事が明記されている事が多いのです。

アイフルの融資商品その4つの特長

お金を借りる事ができる金融会社の1つに、アイフルがあります。この業者の場合は、特徴が4つありますね。

まず1つ目ですが、実店舗に足を運ぶ必要がありません。この会社の場合は、web媒体でほとんどの手続きが完了してしまうのです。
Webで申し込みをすると、まず電話がかかってきます。

そして審査の結果がアイフルから通知されたら、この金融会社に対して身分証などを送ります。
その後で融資が実行されて、必要な書類などは後日郵送される事になるのです。

この手続きで、アイフルの実店舗に足を運ぶような事はありませんね。

2つ目ですが、この業者の場合は融資もとても早いです。上記のような流れになりますが、早ければ申し込み当日には融資が実行されます。
金融会社によっては融資が実行されるまでに1週間ほどかかってしまう事もあるのですが、アイフルは非常に早いですね。ですので急ぎでお金を確保したいと考えている方にとっては、メリットが大きな会社と言えます。冠婚葬祭などはお金が必要になるものですが、そのような方にとっては頼もしい業者です。

3つ目は、アイフルの手数料です。

そもそも金融会社からお金を借りたのであれば、もちろん手数料が発生する事になります。いわゆる年利ですね。

アイフルの場合は手数料が比較的低めに設定されています。特に利用目的がある程度限定されている商品の場合は、かなり手数料がリーズナブルになっているのですが。
手数料を抑えたい方にとっては、メリットが大きな業者と言えます。

そして4つ目の特徴ですが、アイフルの場合は借り入れ方法と返済方法が多彩です。
アイフルと提携しているATMなどからその2つの手続きを行う事ができますし、この業者の場合はインターネットにも対応しています。

非常に多彩な場所で利用する事ができますので、利便性が特徴的なのですね。

以上の「来店が不要」なのと「早さ」と「金利」と「利用方法が多彩」という4つが、この金融会社の主な特長です。